SACSIS
May 25-27, 2011
Akihabara, Tokyo, JAPAN

論文募集 第9回先進的計算基盤システムシンポジウムSACSIS2011

日時: 2011年5月25日(水)∼5月27日(金)
会場: 秋葉原コンベンションホール(秋葉原クロスフィールド ダイビル)

重要日程

2011/1/21(金) 17:00一般論文 登録〆切(延長なし)
2011/1/28(金) 17:00一般論文 アップロード〆切(延長なし)
2011/3/8(火)〜11(金)一般論文採否通知
2011/3/14(月) 2011/4/04(月)ポスター論文 受付開始
2011/3/28(月) 2011/4/15 17:00(金)ポスター論文 〆切
2011/4/08(金) 2011/4/22(金)ポスター論文採否通知予定
2011/5/25(水)〜27(金)SACSIS2011開催

概要

SACSIS (Symposium on Advanced Computing Systems and Infrastructures)は2003年に誕生したシンポジウムです.その第9回は,東京秋葉原にて2011年5月25日(水)〜27日(金)に開催します.会議のスコープは SACSIS2003からの流れを引き継ぎ,以下のとおりです.
Advanced Computing
SACSIS は今後の計算技術の発展を,さまざまな角度から議論することを目的としています.そこで並列分散に限らず,広い意味で先進的な計算のためのシステムや基盤とそれらの要素技術を対象とします.
Systems and Infrastructures
性能などの「有効性」が重視される「システム」に関する技術だけではなく,幅広い利用を目指して「実用性」を重視した「基盤」に関する技術も対象とします.

下記テーマに関連したオリジナリティ溢れる論文,実装・開発事例等も含め有用性の高い論文,実用性を重視した基盤に関する論文を広く募集致します.

  1. 先進的計算システム
    グリッド,クラウド,クラスタ,Peer-to-Peer,オーバーレイネットワーク,高性能計算,HPC向けコンパイラ,モバイル計算,ユビキタスシステム,組み込みシステム,ディペンダブルシステム,アプリケーション専用システム,サイバーフィジカルシステムなど
  2. 先進的計算システムを支える基盤技術
    プロセッサアーキテクチャ,リコンフィギャラブルシステム,システムアーキテクチャ,ネットワークオンチップ,通信機構,通信ライブラリ,広帯域ネットワーク,入出力機構,ストレージシステム,資源管理技術,仮想化技術,省電力技術,認可・認証・課金技術,省スペース技術,OS/ミドルウェア,コンパイラ,プログラミング言語処理系,並列アルゴリズム,マルチコア最適化,GPGPU,オンラインアルゴリズム,性能評価/性能チューニング技術,数値シミュレーション,ペタフロップスコンピューティング適用など
  3. 実用的基盤システム
    データベース,Webサービス,検索エンジン,データマイニング,トランザクションシステム,分散計算環境,サーバシステム構築技術,ネットワークセキュリティ,E-サイエンスなど

募集内容

[一般論文]

  1. A4用紙8ページ以内の日本語または英語の論文を募集します.募集対象は,国内外の査読付き雑誌あるいは査読付き会議に未発表の研究論文とします.ただし,これらの雑誌・会議で未発表のものであっても,これらの雑誌・会議に投稿中のものは募集対象外です.なお,これらの雑誌・会議で既発表であっても予稿集等がISBN番号あるいはISSN番号を有しない配布物の場合には未発表とみなします.
  2. 有用な結果や考え方を伴った,完成度の高い論文を募集します.一般論文は,情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム(ACS 論文誌)への同時投稿が可能で,これにより質の高い論文を短い査読期間で論文誌上に掲載することを可能にしています.
  3. 一般論文全てを対象に最優秀論文賞を1件選び表彰します.本賞は,研究内容の質の高さ・研究論文としての完成度を重視して総合的に評価し選出します.
  4. 若手研究者の論文から優秀若手研究賞を 3 件程度選びます.応募資格は,筆頭著者の年齢が30歳前後以下であることです.本賞の趣旨は有望な若手を表彰することにあり,着眼点の面白さや今後の展開が期待される研究を高く評価します.

[ポスター論文]

  1. 一般論文とは別にWork-in-progress的発表をポスター論文として募集します.ポスター論文の詳細はポスター論文募集要項をご覧下さい.
  2. ポスター論文においても査読を行いますが,構想段階の研究,問題提起などを含めた研究を積極的に採用し,ポスター発表として参加者間の議論の場を提供します.
  3. ポスター論文を対象に優秀ポスター賞および学生優秀ポスター賞を選び表彰します.優秀ポスター賞は年齢を問わず対象とし,学生優秀ポスター賞は,学生の発表の中で最も優秀なポスターを表彰します.なお,本賞は独創的なアイデアに基づく研究を高く評価し,プログラム正副委員長とトラックチェアによる審査で選出されます.

●一般論文

[投稿に関する注意]:

SACSIS2011はACS論文誌第35号と連携して論文募集を行います.このため,1件の論文を双方に同時投稿し,並行して査読を受けることができます.どちらか一方にのみ投稿することも,もちろん可能です.具体的には以下の投稿方法から,適切なものを選択してください.
※ACS 論文誌: http://www.hpcc.jp/acs/
  1. SACSIS2011 単独投稿
    SACSIS2011のみを対象とする2カラム(2段組)で8ページ以内の論文投稿です.投稿時点での枚数超過は認められません.8ページを超える論文は 9ページ目以降を削除して査読しますので,ご注意ください.なお,論文採録後のSACSIS2011カメラレディ原稿にも,標準8ページ(超過料金を支払えば 10ページまで可)の枚数制限があります.論文の様式は,本シンポジウムのこれまでの論文集に準拠して下さい.これに著しく逸脱する論文は不採録となることがあります.
  2. SACSIS2011/ACS 同時投稿
    • 投稿された論文は,ACS論文誌編集委員会とSACSIS2011プログラム委員会の双方で査読されます.投稿時点での論文ページ数は2カラム(2段組) で8ページ以内に制限され,投稿時点での枚数超過は認められません.8ページを超える論文は,SACSIS2011,ACS論文誌共に9ページ目以降を削除して査読しますので,ご注意ください.論文の様式は,本シンポジウム のこれまでの論文集に準拠して下さい.これに著しく逸脱する論文は不採録となることがあります.
    • SACSIS2011とACS論文誌との査読は独立して行われ,採否も独立です.したがって一方で採録/採択され,他方で不採録/不採択となることもあります.またACSの第1回査読では条件付採録となる可能性もあります.
      ACSの第1回査読結果通知とSACSIS2011の採否通知は,ほぼ同時期に行われる予定ですが,若干前後する可能性がありますので,あらかじめご承知おき下さい.
    • SACSIS2011で採択され,ACSで条件付採録となった場合,ACSへの修正稿投稿締切はSACSIS2011のカメラレディ締切とほぼ同時期になる予定です.したがってACS修正稿とSACSIS2011カメラレディ原稿を同一のものとしても構いませんが,同一でなくても構いません.SACSIS2011カメラレディ原稿には標準8ページ(超過料金を支払えば10ページまで可)の枚数制限があるのに対し,ACS修正稿にはページ数制限はありません.
      ACS論文誌に採録された場合,ACS論文誌への投稿はLaTeXによるスタイルのみの受付となりますのでご注意下さい.
  3. ACS 単独投稿
    ACS論文誌のみを対象とする投稿で,査読手続きなどは通常のACS論文誌への投稿と同様です.論文の投稿フォーマットも,ACS 論文誌に準じます.

なお,SACSIS2011への投稿論文については,投稿時に著者の方に論文の研究分野に応じて次の5つの査読トラックのうちの1つを選択していただきます.ただし,列挙されていないテーマの論文など,トラックの選択が難しい場合にはプログラム委員会にて適切なトラックを選択しますので,この場合には投稿時にトラックを指定する必要はありません.また,査読に際してプログラム委員会の判断で異なるトラックに移動することもありますので,ご承知おき下さい.

トラックA: トラックチェア 建部 修見 (筑波大学)
高性能計算(高速/大規模/並列数値計算,大規模データ処理,数値計算ライブラリなど),性能評価/性能チューニング技術,クラスタ,HPC向けコンパイラ技術,通信ライブラリ(MPI等),数値シミュレーション,ペタフロップスコンピューティング適用,E-サイエンス
トラックB: トラックチェア 中田 秀基 (産業技術総合研究所)
グリッド,クラウド,Peer-to-Peer,モバイル計算,ユビキタスシステム,オーバーレイネットワーク,分散計算環境,Webサービス,ミドルウェア,コンパイラ,プログラミング言語処理系
トラックC: トラックチェア 大山 恵弘 (電気通信大学)
オペレーティングシステム,仮想化技術,並列アルゴリズム,データベース,データマイニング,オンラインアルゴリズム,トランザクションシステム,認可・認証・課金技術,
主としてソフトウェアに関連した以下の技術:
通信機構,入出力機構,検索エンジン,ストレージシステム,セキュリティ技術,ディペンダブルシステム
トラックD: トラックチェア 鯉渕 道紘 (国立情報学研究所)
システムアーキテクチャ,ネットワークオンチップ,広帯域ネットワーク,リコンフィギャラブルシステム,サーバシステム構築技術,省スペース技術,省電力技術,アプリケーション専用システム,サイバーフィジカルシステム,組み込みシステム,
主としてハードウェアに関連した以下の技術:
通信機構,入出力機構,検索エンジン,ストレージシステム,セキュリティ技術,ディペンダブルシステム
トラックE: トラックチェア 五島 正裕 (東京大学)
プロセッサアーキテクチャ(コアアーキテクチャ,マルチコアアーキテクチャ,キャッシュ-メモリアーキテクチャ),
主としてプロセッサに関連した以下の技術:
省電力技術,ディペンダブルシステム,セキュリティ技術,仮想化技術など

[投稿窓口]:

http://www.hpcc.jp/acs/35/submit/

●ポスター論文

ポスター発表募集のページ(http://sacsis.hpcc.jp/2011/cfposters.html.ja)をご参照ください.

委員会

●SACSIS 運営委員会

運営委員長関口 智嗣(産業技術総合研究所)
運営副委員長中村 宏(東京大学)
運営委員天野 英晴(慶應義塾大学)
並木 美太郎(東京農工大学)
馬場 敬信(宇都宮大学)
朴 泰祐(筑波大学)
八杉 昌宏(京都大学)

●SACSIS2011 組織委員会

組織委員長並木 美太郎(東京農工大学)
組織副委員長横川 三津夫(理化学研究所)
プログラム委員長廣津 登志夫(法政大学)
プログラム副委員長(論文査読)津邑 公暁(名古屋工業大学)
プログラム副委員長(ポスター)緑川 博子(成蹊大学)
チュートリアル委員長吉瀬 謙二(東京工業大学)
チュートリアル副委員長土屋 達弘(大阪大学)
ローカルアレンジメント委員長高野 了成(産業技術総合研究所)
ローカルアレンジメント副委員長中田 尚(奈良先端科学技術大学院大学)
会計委員長堀 洋平(産業技術総合研究所)
会計副委員長光来 健一(九州工業大学)
広報委員長(Web管理)平石 拓(京都大学)
企画展示委員長櫻井 隆雄((株)日立製作所)
企画展示副委員長住元 真司((株)富士通研究所)
総務委員長笹田 耕一(東京大学)

●SACSIS2011 プログラム委員会

プログラム委員長廣津 登志夫(法政大学)
プログラム副委員長津邑 公暁(名古屋工業大学)
プログラム副委員長緑川 博子(成蹊大学)
トラックチェア
  トラックA:建部 修見(筑波大学)
  トラックB:中田 秀基(産業技術総合研究所)
  トラックC:大山 恵弘(電気通信大学)
  トラックD:鯉渕 道紘(国立情報学研究所)
  トラックE:五島 正裕(東京大学)
プログラム委員
  トラックA: トラックチェア建部 修見(筑波大学)
岩下 武史(京都大学)
遠藤 敏夫(東京工業大学)
大島 聡史(東京大学)
小野 謙二(東京大学)
須田 礼仁(東京大学)
住元 真司((株)富士通研究所)
高橋 大介(筑波大学)
林 亮子(金沢工業大学)
村井 均(理化学研究所)
山本 有作(神戸大学)
  トラックB: トラックチェア中田 秀基(産業技術総合研究所)
田浦 健次朗(東京大学)
首藤 一幸(東京工業大学)
八杉 昌宏(京都大学)
鈴村 豊太郎(東京工業大学/日本アイ・ビー・エム(株))
井口 寧(北陸先端科学技術大学院大学)
小川 宏高(産業技術総合研究所)
西澤 無我(楽天(株))
伊達 進(大阪大学)
荒木 拓也(日本電気(株))
合田 憲人(国立情報学研究所)
  トラックC: トラックチェア大山 恵弘(電気通信大学)
追川 修一(筑波大学)
小口 正人(お茶の水女子大学)
尾崎 亮太(情報通信研究機構)
小宮 常康(電気通信大学)
齋藤 彰一(名古屋工業大学)
品川 高廣(東京大学)
菅谷 みどり(横浜国立大学)
松葉 浩也((株)日立製作所)
柳澤 佳里(グーグル(株))
山内 利宏(岡山大学)
山田 浩史(慶應義塾大学)
  トラックD: トラックチェア鯉渕 道紘(国立情報学研究所)
枝廣 正人(名古屋大学)
児玉 祐悦(筑波大学)
柴田 裕一郎(長崎大学)
柴村 英智((財)九州先端科学技術研究所)
中條 拓伯(東京農工大学)
成瀬 彰((株)富士通研究所)
西 宏章(慶應義塾大学)
長谷川 揚平((株)東芝)
廣安 知之(同志社大学)
堀 洋平(産業技術総合研究所)
吉永 努(電気通信大学)
  トラックE: トラックチェア五島 正裕(東京大学)
入江 英嗣(電気通信大学)
吉瀬 謙二(東京工業大学)
葛 毅((株)富士通研究所)
木村 啓二(早稲田大学)
豊島 隆志(グーグル(株))
中島 康彦(奈良先端科学技術大学院大学)
三輪 忍(東京大学)
森 敦司(富士通(株))

問い合わせ先

シンポジウム関係: 総務委員長笹田 耕一
広報関係: 広報委員長平石 拓
http://sacsis.hpcc.jp/2011/contact.html
Copyright 2007-2011, SACSIS 2011 Organizing Committee

Valid XHTML 1.1 Valid CSS